へんしんバイクはいつまで乗れるのか?

 

f:id:PenPon:20200706232913p:plain

子どもが2歳、3歳のころになると、公園で乗ってる子を見かけて気になりはじめる「ストライダー」や「へんしんバイク」。

 

でも2歳、3歳のころに買ったものっていつまで使えるんだろう?

新しく買うならできるだけ長く乗ってほしい。

 

へんしんバイクの公式HPに書いてあっても3年本当に乗れるの?とわが家では正直不安でした。

 

そんな不安を抱えつつクリスマスプレゼントで3歳半のときに購入したへんしんバイク。うちの双子たちは7歳の誕生日まで3年半乗り続けてました!

 

へんしんバイクの購入を悩んでる方に、この3年半どんな風に利用してきたかご紹介します。年齢が同じでも子供によって身長も異なるので、わが家の双子たちの身長も載せておくのでサイズ感の参考によかったらどうぞ。

1年目(3歳半~4歳半)

またがるのもギリギリ:3歳半

わが家がへんしんバイクを購入したのは、3歳半のX'masプレゼント。

f:id:PenPon:20200707001322p:plain

足をぺったりと地面につけるとサドルよりも下の位置に股下がある状態です。

  • 1号:<身長>約93cm、<股下>36cm
  • 2号:<身長>約92cm、<股下>35cm

なので最初はまたぐのもやっと背伸び状態。足を離してバランスなんてまだまだ。

 

へんしんバイクの公式HPにも『3歳平均股下サイズ37.5cm~』とありますので、わが家はそれに到達してない。どうりでギリギリなわけだ。

※公式HPの動画では身長88cmの子が乗り回しているのですが・・・わが家は短足なのか( ノД`)。

 

やっと乗れたよ:3歳9カ月

3カ月目にして、1号は足を浮かせだいぶ長い時間バランスが取れるように。

 

2号はというと・・・この3カ月間へんしんバイクにまたがることなくひたすら押すだけの日々。しかし4カ月目にして、初めて自転車をまたぎ、そしてまたいだと思ったら、数回のっただけで、1号とほぼ同じレベルまで到達してしまったのです。

 

ほぼ同じ遺伝子にもかわからず、へんしんバイク一つとってもアプローチが全然違います。

 

ペダルつけたよ:4歳2カ月

購入9カ月目に、やっとペダルをつけました。このころにはガンガン乗り回して、バランスもばっちり。

 

この1、2カ月前からほかの子の自転車姿を見ては「つけたい!つけたい!」と言ってたのですが、自転車屋に行くのがめんどくさくて放置してました。この自転車屋に行かないとペダルがつけれないといけないというのは、ちょっとしたハードルかもしれません。

 

よく言うストライダー(orへんしんバイク)に乗ってる子は、自転車に乗るが早い』という話。

 

結論的には『確かに、そのとおり』です。

 

が、ペダルつけてその日に漕げたかというと。。。うちの双子はそーでもありませんでした。

 

30分じゃへんしんバイクは乗れない:4歳3カ月

双子の悪戦苦闘する姿を見て思ったのが、自転車は

  1. バランスをとる
  2. ペダルを漕ぐ

二つの要素から成り立ってるということ。

 

うちの子に限って言うと、三輪車などペダルを操作するものにこれまで一度も乗ったことがなかったので、ペダルの漕ぎ方がわからんかったのです!( ̄Д ̄;;。

 

まあ、これ、一対一で親子で練習する風景なら、親が後ろを押さえてとかすればすぐ覚えたのかもしれません。が、二対一の双子親子での練習の場合、一人をじっと押さえてあげることもできず、自然一人でがんばらんといけない。

※なんで親が一人かというと。。。母は家に引きこもってたからデス。

 

「ペダルを漕ぐ⇒バランスが崩れて足を地につける⇒足が離せないとペダルはこげない」のループで、なかなかペダルを漕ぐという操作を身につけれない双子たち。

 

そんな二人の救世主・・・それは三輪車

 

近所の児童館で三輪車に出会い、最初は三輪車でさえまともにこげなかったものの、2日ほどで漕ぐという操作をマスター。漕ぎだしはパパの押し出しが必要だけどあっという間に自転車に乗れるようになったのです。

 

パパにブレーキ操作も教わり、ブレーキがかけれるようになったのを確認して、先日はとうとう近所の公園に自転車デビュー。

 

※わが家は児童館の三輪車でマスターしましたが、ない場合は全国にある「交通公園」に行くと三輪車を借りることができます。

 

2年目(4歳半~5歳半)

ちょうどぴったりの時期

 

f:id:PenPon:20200707005500j:plain

このころになるとへんしんバイクはちょうどぴったりサイズ。

双子の身長は4歳半でちょうど約100cm。身長的には7~8cm程度の差ですが、印象はだいぶ変わります。

 

3年目(5歳半~6歳半)

さすがにだいぶタイヤが小さい?

 双子5歳半で約105cm~106cmに。このころになると、12インチなのでタイヤはだいぶ小さく感じられます。

 

しかし、サドルをあげていくことでどんどん対応できるので、自転車は小さく見えても、乗ってる本人たち的には小回りもきき小型で扱いやすいので全然問題がなさそうです。休みのたびに「自転車で公園に行く!」と乗り回していました。

 

4年目(6歳半~7歳)

なぜ7歳までへんしんバイクに乗り続けたのか

f:id:PenPon:20200706234422p:plain

双子の保育園卒園時(6歳9カ月)での身長は

  • 1号:114.2cm
  • 2号:113.7cm

さすがに6歳半を超えると、サドルをあげることで今度はハンドルに足がぶつかりそうに。親的にも「だいぶ小さくなったし早く買い替えないとなあ」と思ってたのが正直なところです。

 

とはいえ、双子たち自身はそんなこと気にせず休みの日はいつもへんしんバイクでおでかけ。ガンガン乗り回してました。

 

へんしんバイクのあと自転車に買い替えようとすると、次なる問題が子どもの初めての自転車のサイズ。友人の間でも「何インチにするか」問題をよく聞いたものです。

 

f:id:PenPon:20200707004853p:plain

年中、年長で買うとなると「16インチ」か「18インチ」。

しかし、そうなると小学生の間にもう一回買い替えの時期がやってきます。

そして、さらに成長期の中高生の間にもう一回。

 

できれば何度も何度も買い替えたくない!

 

小学1年生まで待ちに待ったおかげで「22インチ」を買うことができました。

 

おかげで小学1年生にしては少しサイズが大きくても、小学生の間は乗り続けることが可能です。

 

でも、実はこの7歳ギリギリまでへんしんバイクに乗り続けていたのは『小学1年生という節目でちゃんとした自転車をプレゼントしたかった』というのが一番の理由なんです。

 

5.まとめ

購入当初、股下がギリギリ届くか届かないかという状況だった双子たち。

でもだからこそ、3年半という長きにわたって使えたのかなと思います。

 

またこういうペダルなしでバランス感覚を養ってからのほうが、自転車に乗れるようになるのは早いというのは間違いないと思います。

そして、自転車に限った話ではなく身体全体的にもバランス感覚がよくなったような気もします。

 

3歳半でへんしんバイク購入という選択、(わが家的に)ベスト( ̄▽+ ̄*)!